俳優シン・ヒョンジュンが、中国での外食事業に挑戦する。

シン・ヒョンジュンは、来る2月中国北京の5つ星ホテルで韓国料理レストラン「韓味笑家」をオープンする。 これまでスターたちが外食事業に進出することは多かったが、シン・ヒョンジュンのように海外で始まることはまれである。 シン・ヒョンジュンは、Kフードを知らせるために韓国ではなく、海外で外食事業に挑戦する。

シン・ヒョンジュンは、「海外に通いながら韓国ドラマを見ようと韓国語を学んだという方にも会い、Kポップを歌う方にもたくさん会った。韓流が全世界に広がっているが、中食や和食とは異なり、韓国料理を海外で接することは容易ではないという気がした。韓国文化、その中でも、Kフードを知らせたいという思いで、この事業を開始した」と明らかにした。

専門的にアクセスするためにバク・ソンフン料理研究家と、このプロジェクトを一緒に準備した。 シン・ヒョンジュンは、「バク・ソンフンシェフと心がよく合った。韓国料理をきちんと教えてみようという気持ちに長い時間準備した。食べ物の味は自信がある」と強調した。

Kフードを正しく知らせるために、外国人の好みに合わせた調味料を加味することはしないというのがシン・ヒョンジュンの計画。 シン・ヒョンジュンは「韓国料理そのままを伝える」とし「韓国料理独特の味を変形させないだろう」と伝えた。

シンヒョンジュン_Kフード
日刊スポーツより